2011年03月02日

痛みを解消!漢方の力

私がひど過ぎる坐骨神経痛を治した方法はこちらぴかぴか(新しい)

漢方で坐骨神経の治療exclamation&question

えーたらーっ(汗)・・・って思いませんでしたか?

私は思いました・・・バッド(下向き矢印)

漢方では坐骨神経痛の主な原因を「於血」と考えているようです。

「於血」目というのは血液が汚れて血流の悪くなった状態の事をいいます。

血流が悪くなり酸素や栄養が不足することによって坐骨神経痛の症状が出ると考えられています。

漢方というのは、血をきれいにして血流をよくすることにより、そういった酸素不足や栄養不足の状態をなくし坐骨神経痛の症状を改善しようという治療方法なんです。

体を冷やすこともよくないと考えられているので(これは漢方に限ったことではなく、どう考えても坐骨神経痛にはよくないですよね)、血流を良くすることは体を温めることにもつながり、そういう意味では確かに良さそうですねわーい(嬉しい顔)

その他に漢方において坐骨神経痛の原因と考えられているのは「腎虚」がく〜(落胆した顔)

「腎虚」というのは老化現象のように体が弱っている状態のことをいうようです。

つまり、体が弱ってしまうことにより坐骨神経痛になると考えられているのです。

そこで、漢方により体そのものを強くしていく。

つまり、自然治癒力を高めることにより坐骨神経痛の症状を改善しようということなのです。

体質改善などに漢方を用いるのも体を温め、体の中から強くしていくという考え方に基づいているので、そうして考えると漢方治療もありなんだ・・・と納得です手(グー)

日頃から冷え性だとか疲れやすいといった悩みをお持ちで、坐骨神経痛かもという方には一石二鳥かもしれませんねひらめき


私がひど過ぎる坐骨神経痛を治した方法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 腰痛対策ゆみ at 19:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。