2011年03月16日

ほかほか温熱療法!ホットパック

私がひど過ぎる坐骨神経痛を治した方法はこちらぴかぴか(新しい)

坐骨神経痛は、無理な姿勢を続けることやちっ(怒った顔)、体が冷えること雪で筋肉が硬くなってしまうことも原因の一つ。

そのために筋肉が酸素不足や栄養不足になってしまうことももうやだ〜(悲しい顔)

それならば、硬くなった筋肉をほぐして、血行をよくすれば良いってわけですよねひらめき

ただ温めるだけというイメージの温熱療法いい気分(温泉)ですが、なかなかどうして、治療法によって大きく3つに分けられていましたグッド(上向き矢印)

ちょっとびっくり・・・目

まず最初にご紹介するのはホットパックいい気分(温泉)です

肩こりがひどい時などによく温湿布をしたりしますよね。

それと同じようなものですねわーい(嬉しい顔)

シリカゲルや鉱泥など保温力のあるものを中に詰めたものなんですが、これを80℃くらいに温めて患部に当てます。

この時直接肌にあてないように気をつけて下さいね。

タオルなんかでくるむことをお勧めします手(チョキ)

大体、15分〜20分ぐらい温めて、その後患部を動かすのが良いようです。

痛みがひどくなければ軽く体操をしたりするのも良いみたい揺れるハート

硬くなった筋肉がほぐれて新陳代謝が高まるので、効果的だといえそうですねわーい(嬉しい顔)

このホットパックであれば、電子レンジでタオルを温めたりすれば同じような効果を家で簡単に出来そうですねexclamation

ただ、タオルでは短時間で冷めてしまうので保温材ほどの効果はないかもしれないですが、試してみる価値はありそうですよねぴかぴか(新しい)

私がひど過ぎる坐骨神経痛を治した方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 腰痛対策ゆみ at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。