2011年08月31日

腰痛とストレッチ

私がひど過ぎるヘルニアを治した方法こちらぴかぴか(新しい)

ヘルニアによる坐骨神経痛対策に腰を鍛えるのはもっともな事ですが、いきなり運動をすると腰に負担が掛かりすぎて より悪化してしまいます。ふらふら

坐骨神経痛によりただでさえ筋力の低下が起っているので、痛いからといってそのままにしておくわけにも行かないでしょう。

動かなくなった筋肉や使わなくなった筋肉は廃用萎縮を起してしまいますから、足の太さが左右非対称になったり、片足で立てなくなったりするかもしれません。もうやだ〜(悲しい顔)

まずは、ダメージを受けている腰の辺りの筋肉を鍛える前に衰えた筋肉をほぐします。

本来ならヨガの様なものが出来れば好ましいのですが、腰が自由に曲がらない以上あんな格好はできませんよね。雨

体を曲げるにしても痛みがでる所でやめる。

これは基本です。

痛いのを我慢してグイグイ曲げようとするとそのまま椎間板が壊れてしまいます。がく〜(落胆した顔)

逆に膝などが伸びない時には 伸ばしましょう。on

筋肉の繊維や筋は伸ばしてやらないとドンドン硬くなっていきます。soonend

硬くなった繊維や筋は断裂しやすく、滑って転ぶのを耐えようとしてとっさに何かに掴まったり、ぐっと踏ん張ったときに切れてしまいます。がく〜(落胆した顔)

坐骨神経痛で足の感覚や筋力が衰えているので転びやすく、転んで腰を痛めて、擦り剥いて、筋まで切ったとなったら即入院。病院あせあせ(飛び散る汗)

そうならないためにも、整骨院に行ったり、家で伸ばせるところは伸ばしておいて事故予防。

ゆっくり、体を温めてから伸ばしていきましょう。on

体が冷えた状態や、血行が悪い状態で無理にグイグイ伸ばすと今度は靭帯を傷つけてしまうので
私はお風呂の湯船の中や、風呂上りにストレッチをしています。いい気分(温泉)

腰が曲がらない時にはねじって伸ばすといいかもしれません。

私が重点的に伸ばしているのは腰周り、股関節、膝裏、足首。

足首、膝なんかは思った以上に、可動範囲が狭くなってるのでびっくりです。あせあせ(飛び散る汗)

私がひど過ぎるヘルニアを治した方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 腰痛対策ゆみ at 02:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。