2011年09月04日

ヘルニアとベッド

私がひど過ぎるヘルニアを治した方法こちらぴかぴか(新しい)

ヘルニアは歩いたり運動したりする事で背骨に対して垂直方向に力が加わった時や、背骨を曲げた状態で付加が掛かった時に起りますふらふら

逆に腰に一番負担が掛からない姿勢と言うのは寝た状態です眠い(睡眠)

寝た状態であれば、背骨に垂直方向の力は加わら無いのでヘルニアにはありません決定

しかし 実際にやった話ですが、寝た状態から足で布団はね除けようとして、そのまま動けなくなった事がありますふらふら

寝た状態から足で布団を跳ね除けようとするのは、立った状態で腰をかがめて物を持つ動作とおなじことなので注意してください。

まっすぐ寝た状態は一番腰や背骨に負担の掛からない状態なので これを利用して背骨を伸ばさないと言う手はありません。

寝ている間に背骨を真っ直ぐに伸ばしてしまいましょうぴかぴか(新しい)

どういうベッドが良いかは人それぞれ違うと思いますが、体や腰が深く沈みこんでしまうようなベッドで体が『くの字』になってしまっては意味がありませんふらふら

家具屋さんやメーカの人と相談しながら背骨の負担が一番少ないものを選びましょう。

いいベッドなら1日中重力で押さえつけられて縮んでしまった椎間板を開放してくれるはずです。

いいベッドに寝転んで両足首の下に小さな枕か何かで軽く足を持ち上げてやる姿勢が背骨の負担が無い姿勢。

お風呂で十分に温めていい気分(温泉)ストレッチをした後、この姿勢で寝れば 椎間板のストレスも取れて翌日には快調な朝を迎えれる事間違いなしですわーい(嬉しい顔)

私がひど過ぎるヘルニアを治した方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 腰痛対策ゆみ at 22:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。